積載コンプレッションバッグ | "送料無料" | 日本製

1,998円

購入数

確認事項バナー



グランドシート詳細解説

グランドシート使用画像

便利グッズ

※コードフックの選択肢がない商品は↓↓↓から コードフックバナー

商 品 説 明





キャンパーの悩みの一つに車への荷物の積載があります。

どんな荷物でもなぜかきれいに収めることができる人もいますが、普通はなかなかそうはいかず毎回四苦八苦する方も多いかと思います。

そこで当店では、

1)バッグ内の荷物を揺れにくく

2)隙間を埋めることでラゲッジ全体を揺れにくく


するためのバッグを作りました。

それがこれです。



1)バッグ内の荷物が揺れない

コンテナ・バッグ共に中の荷物がきっちり詰まっていれば移動で揺れることは無いですが、全てをきっちり・・・というのは難しいですよね。

揺れると破損や傷に原因になるので揺れないのがベストです。



このバッグは荷物の量が多くても少なくても、その量に応じてバッグのサイズを調整してベルトで締めることで、走行中の車内でもがたがた揺れることなく運搬することができます。

2)隙間を埋めることでラゲッジ全体を揺れにくく



底のサイズが60cm×30cmですので、上の画像のように交互に重ねて積むことも可能です。



どうしてもきっちりとは収まらないので、それが揺れの原因になりますが、上の画像のようにこのバッグをかますことで揺れを無くし荷物を守ります。



縁を外側に丸めれば開けたままの状態を保つことができますので、遊び道具など置きっぱなしでもお子様も出し入れがとても楽です。



帰りに荷物が減った場合は畳んで小さくすることができるので邪魔になりません。



防水素材を利用していますので、なんとなく密封したい着替えた後の洋服や下着などの持ち帰り用の袋としても最適です。

ベルトで絞ることができますので、特に衣類などは空気を抜きながら絞ると、圧縮袋のように荷物を小さくして運ぶことができますのでその分スペースを有効に使うことができるのでお勧めの使い方です。



防水素材ですので汚れが染み込むこともなく、丸洗い可能ですので、キャンプでもガンガンお使いいただけます。

キャンプだけではなく車での旅行の際にも、圧縮してスーツケース内をすっきりさせたり、帰りのお土産を入れるのにも役立ちますよ。

圧縮袋だとホテルで使う際に出し入れしづらいですが、このバッグは出し入れしやすいので、私は部屋では開きっぱなしで帰りに絞ってスーツケースにしまい込みます。

使い方

基本的な使い方



まず空気を抜きながら、口を丸めます。



左右方向のバックルを留めて左右に引っ張り締めます。



次に縦方向のバックル2本を締めます。



※バックルは全て「両面調節バックル」で調節幅が広いので、荷物の量に対応することが出来ます。



荷物の量がかなり多い場合は、口部分は丸めず、重ねるだけでも十分固定することが出来ます。





またかなり量が少ない場合は横方向のテープを一回巻いてバックルを留めると対応できます。

配送はご注文数量によって佐川急便の場合と郵便局のレターパック・クリックポストいずれかでの配送となります。

スペック
素材:ポリエチレン
重さ:
底サイズ:60cmx30cm