テント・タープの修理実例集


テントの無料修理について


当店では当店でご購入いただいたテントやタープの修理も承っております。

基本的には工賃は永年無料となっております。

※修理の難易度や損傷の大きさ、又はパーツの別途手配が必要な場合は有料になりますのでご了承ください。

保証と修理についての詳細はコチラをご確認ください≫

このページでは当店の無料修理とパーツの作成サービスの実例を紹介させていただきます。

以前は修理の画像を残していなかったので、2019年3月以降で公開可能なもののみ紹介させていただきます。
 

◆テントフロア パーツ剥がれの修理

テントフロア パーツ剥がれの修理を承りました。

圧着と強度を高めるために縫製を、組み合わせ修理をいたしました。


縫製箇所は裏側から防水処理をしているので、水が入ってくる心配はありません。



◆コットンタープの修理

タープのフチが破れたということで修理を承りました。

かなり長い距離破れていたので、そのまま繋いでも強度が出ないため、その分カットして新しくフチを作りました。


 

◆パーツ作成

テントのフロアの破れとパーツ破損のご連絡を頂きました。
専用のリペアパッチとパーツを提供させていただきました。



◆コットンタープの修理

コットンタープの角が破れたとのことでご連絡いただきました。


生地を継ぎ足しループも作り替えて補修しました。



 

◆コットンタープの修理

コットンタープが裂けたということで修理のご依頼がありました。(50cmほど)


ミシンたたきで補修しました。



◆コットンタープのループの破れ

ループが破れて取れかけていました。


ループを取り外した状態です。


同じ生地でループを作り直し、取り付けました。


◆コットンタープの修理


タープの一部が破れていました。


ミシンたたきで補修しました。


 

◆ポールの修理


アモラ5のポールの修理をしました。



 

◆コットンタープのループの破れ


タープのループが2か所破れたという事でご連絡を頂きました。


同じ生地でループを作成し縫付させていただきました。

 

◆コットンタープ縁欠損


タープの縁が1mほど破れたという事でご連絡を頂きました。
破れた箇所のパーツも紛失した状況でのお預かりでした。


同じ生地で縁とループを作成し縫付させていただきました。


 

◆インナーテントの吊り下げパーツの抜け


インナーテントをセンターポールに吊り下げるパーツが抜けてしまったという事で連絡を頂きました。


裏からきっちりと補修・補強させていただきました。


 

◆コットンタープ裂け補修


コットンタープが強風で裂けたという事でご連絡いただきました。
しかも2m以上裂けているという事でお預かりしました。


色々と方法を模索しましたが、ミシンたたきしかないだろうという事でたたきにて補修させていただきました。
距離が長いのでかなり大変だったようです(^^;
たたきの跡はもちろん残りますが、またお使いいただける状態になりました(⌒∇⌒)


詳細こんな感じです。

 

◆エントランス付近破れ


エントランス付近の布の継ぎ目が10cmほど破れてしまったそうです。


元通りになりました。


 

◆クロンダイク用Aポールの受けパーツ作成


Aポール用の受けパーツを紛失したという事でご連絡を頂きました。
当店にあった材料を利用して仕上げました。


 

◆センターポール破損


ベルテントのセンターポールです。極稀ですが、立て方のバランスが悪い時に強風にあおられると折れることがあるようです。


ゴムだけ生かして全て作らせていただきました。
この時はポール代の原価(おおよそ2000円ほど)のみご負担いただきました。
※61日以降でパーツ購入が必要な場合は、工賃は無料ですがパーツ代金のみご負担いただいております。


 

◆グランドシートループ抜け

強風にあおられてグランドシートのループが2か所ちぎれてしまったという事でした。
このような場合は生地も補強してループを付け直します。


※ちょっとした小さな穴の場合は


このようなリペア用のパッチを送らせていただきます。
もちろんこれも無料保証の範疇です(⌒∇⌒)

・・・【その他継続準備中ですm(__)m】・・・

※一部荷重のかかる箇所の補修については、補修前より強度が落ちる場合もございますので何卒ご了承くださいm(__)m